スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己と向き合う時間



先週末、だったと思う。

少し足を伸ばして、

二駅先の駅ビルまで出かけた。


大きな駅だから、

様々な珍しい店も沢山ある。

アクセサリーやアロマ、

衣類に洒落た雑貨・・・


そこでマッサージ如何ですか?と、

アクセサリー関連の店の人に声をかけられた。

(何故、宝飾店でマッサージ?)

内心、耳を疑いつつも、

時間はあったし、

話だけでも聞いてみることにした。


詳しく話を聞いてみると・・・

無償でマッサージをしているとのこと。

何故、アクセサリー屋さんが?

という私の質問に対して店員さんは、こう答えた。


ガサガサの肌ではアクセサリーを

付けたがらなくなってしまう方が増えているので、

こういうサービスを始めました。


とりあえず、

無償でしてくれるというので、

美容には一切興味がないのだが、

気分転換に受けてみた。


手のケアだけで、

足とか顔とかは今は個室が必要になるので

やっていませんがいずれは・・・

ということであったが、

普段、気血水の停滞を改善するために

経絡マッサージを自分でやることはあっても、

人にやってもらうことは無いので、

とてもリラックスして贅沢な気持ちになり、

思わぬリフレッシュ効果があった。


下手な考え休むに似たりというように、

「余計なこと」をクドクド考えていると、

「必要なこと」を考えるための力が磨り減ってしまう。

時には思い切った気分転換をすることで、

かえって頭がスッキリして、

広い視野で長期的に物事を考える力が蘇った。


ずっと長い間、

何かの研究事に熱中するあまり、

医学的なもの以外での、

(美容などの)肉体的なケアについては、

全くの無頓着であったのだけど、


知的活動の効率化のために、

その日を機に精神的な鍛錬だけでなく、

外見的なことやメンタルケアみたいなことや、

美容関連にも手を出してみようかと、

意外な部分で新しく興味関心を抱き始めている。


爪のケア(爪切り)すら滅多にやらないほど、

自分の事に無頓着だった私であるが、

肌をケアするとかでさえも、

自分をケアするという行動が案外、

自分と静かに向き合い、

体の小さな異常とかを、

早期発見することにも繋がるし、

知らなかった自分の一面に気づくことにもなった気がして、


ここ最近、

とても内省的に過ごす時間が多いので、

瞑想的に自分と向き合うばかりではなく、

外側からも自分と向き合う機会を作ってみよう、

と、思うようになった。


自分と向き合う、

というと厳格な精神修行のようであるが、

ほんのちょっとの優雅な時間や癒しを通じてさえも、

己と向き合い心を知る事は可能なのだなぁと思い、

休息や気分転換、

時に何もしない時間にも意味があると思った。


それからというもの、

寝る前にアロマ線香を焚き、

ココナツっぽい香りのボディローションで

全身、マッサージしたり、

その日のうちに、

一日の心の疲れを解放する時間を

取り入れるようになりました。

ショートしがちな脳味噌がスカっとして

頭脳労働の効率がアップしました。




















スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。